ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

バンド、アーティスト特集

アンビエント・シューゲイザー、AMPの新作がギリシャのレーベルSound In Silenceからリリース!

90年代初期に活動を始めて、Wurlitzer Jukebox、Kranky、Darla Records、そしてSpace Age RecordingsからアルバムリリースしてきたイギリスのAmp。ここに上げたレーベル達は、当時、バンドに関係なくレーベル買いをしていた私です。ただ、Ampは2000年中頃か…

英国のヴィオラ奏者Alison Cottonを中心としたTrimdon Grange Explosion周辺に注目です。

Trimdon Grange Explosion Alison Cotton(ヴィオラ、ヴォーカル)、Ben Phillipson(ギター、ヴォーカル)、Mark Nicholas(ベース)、Karl Sabino(ドラムス)の4人組サイケデリック・フォーク・バンドTrimdon Grange Explosion。2010年に7インチシングル…

プロモーターの皆さん、Dire Wolvesを日本へ呼んでください!!

ブログのアクセス数が急に伸びていたので何かと確認してみたら、「2018年アルバム・ベスト20」のNo17に選んだDire Wolvesが、自身のFacebookやInstagramでこの記事をシェアしていたのでした。もの凄く嬉しいです。そんなことで、Dire Wolvesについて書いてみ…

民族音楽をモチーフにミニマルなドローン・ミュージックを奏でるLa Tène。中毒性の高いサウンドは最高に素晴らしい!

La Tèneはヨーロッパの鉄器時代のラ・テーヌ文化を意味しており、そこから受け継がれきた民族音楽をモチーフにミニマルなドローンミュージックを奏でるバンドです。手回し器具のついた弦楽器のハーディ・ガーディ担当のフランス人Alexis Degrenier、ふいごを…

Richard Youngsあれこれ

80年代末からスコットランドのグラスゴーを拠点に活動をし、エクスペリメンタルでアヴァンギャルドなサウンドからヴォーカルものまでも熟す鬼才Richard Youngs。デビュー時から精力的にアルバムをリリースしており、ディスコグラフィも膨大な数となっている…

Peaking Lightsの悟りの境地とは

Peaking Lights / The Fifth State Of Consciousness(2CD) カリフォルニアのAaron CoyesとIndra Dunisによる夫婦デュオPeaking Lightsの2017年リリース「The Fifth State Of Consciousness」に嵌まっています。彼らの存在を世界に知らしめた「936」(2011…

サイケなドローン・サウンドで桃源郷へ導いてくれるVibracathedral Orchestraの世界に嵌まっています!

90年代後半から活動しているイギリスのリーズで結成されたエクスペリメンタル・ドローン・アンサンブルバンドVibracathedral Orchestra。Adam Davenport、Bridget Hayden、John Godbert、Julian Bradley、Michael Flower、Neil Campbellの6人が中心となって…