読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

2012.10.9 Dirty Projectors@渋谷O-EAST

f:id:hiroshi-gong:20121015205203j:plain

 

新作「Swing Lo Magellan」が出た時の私の感想は、どの曲も完成度は高いがこぢんまりと纏めた感じだった。少なくとも、このライブを観るまでは、そう思っていたのである。

 

しかし、このライブを観て、考えが一変しました。CDで聴けるのは、彼らのほんのベーシックな一部分であって、まさに序章過ぎなかったのでありました。シンプルにギター、ベース、ドラムを中心としたサウンドに効果音的な感じでキーボード、パーカッションが絡み、そこにヴォーカル、コーラスが入ると彼らの独得の奇天烈サウンドが待っているのです。しかもポップで分かりやすい。

 

 前回、彼らを観たのは、フジロック2010でありました。バラバラに崩壊してもおかしくない所を、絶妙なところで帳尻を合わせて来るサウンドに、ハラハラ、ドキドキしながら観入っていた。いい意味での青臭さも感じていた。今回もトリッキーなことをしていても、ブレることなく完璧に再現してしまうところに、バンドとしての実力を感じる。

 

 元々、USハードコアの元祖Black FlagDamaged」を新たる解釈でアルバムを作ってしまうDirty Projectors。このライブでは、さらにプログレ感覚、ハードロック感覚も簡単に取り込んでしまう懐の深さをも魅せつけてくれる。今後、彼らが、どの方向に進化するのか、皆目見当もつかないが、今、この時点での最高のライブパフォーマンスを披露してくれたことだけは、間違いない。本当に素晴らしいライブであった。

 

 

Setlist

01. Swing Lo Magellan
02. Offspring Are Blank
03. The Socialites
04. Cannibal Resource
05. Beautiful Mother
06. See What She Seeing
07. No Intention
08. About to Die
09. Just From Chevron
10. Maybe That Was It
11. Gun Has No Trigger
12. Useful Chamber
---encore---
13. Dance for You
14. Stillness is the Move
15. Impregnable Question