ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

カバー曲が原曲を超えた? By Bardo Pond

f:id:hiroshi-gong:20140517221517j:plain

Bardo Pond / Looking For Another Place

 

昨年の年間ベスト・アルバムNo.1Bardo PondPeace On Venus」を選んだ私であります。そのBardo Pondがまたしてもやってくれました。今回は今年419日のRecord Store Dayにあわせて限定200枚のレコード「Looking For Another Place」をリリース。通常の新作ではなく、企画ものとしてAB面に、それぞれ1曲を収録したアルバムになっています。その収録曲がThe Velvet UndergroundRide Into The Sun」とBrian EnoHere Come The Warm Jets」であります。しかも15分を越えるロングバージョンにアレンジしての収録です。Isobel Sollenbergerの気だるいヴォーカルを活かし、Gibbons兄弟のサイケな轟音ギターが唸るBardo Pondの魅力を最大限に出しきったアルバムに仕上がっています。素晴らしいの一言です。

 


Bardo Pond - Ride Into the Sun (Velvet Underground cover) - YouTube

  


Bardo Pond - Here Come the Warm Jets (Brian Eno cover) - YouTube

  

Ride Into The Sunは、元はインスト曲でThe Velvet Undergroundのオリジナル・アルバムには収録されなかったボツテイクです。それをLou Reed1972年の初ソロ・アルバムに歌詞をつけて収録したのであります。その後、1986年にリリースされたThe Velvet Undergroundコンピレーション・アルバム「Another View」に初めて収録された。1997年のLoadedのフル・バージョンにもボーナス・トラックとして収録されているが、曲作りにJohn Caleの名前があることからしてJohn Cale在籍時の曲である。Dean Warehamが率いていたLunaもカバーしていたことからしても隠れた名曲なのかもしれない。

 


The Velvet Underground - Ride Into The Sun (Good Quality) - YouTube

  


Lou Reed Ride Into The Sun (HQ) - YouTube

 

そして、もう1曲、Brian EnoRoxy Musicを脱退した後、1973年にリリースした初ソロ・アルバム「Here Come The Warm Jets」のタイトルナンバーである。アンビエントではなく初期のRoxy Musicを思わせる曲に苦笑いしてしまった(今回初めて、Brian EnoHere Come The Warm Jetsを聴いた)。

  


Here Come the Warm Jets - YouTube

 

Bardo Pondは、昨年もRecord Store Day絡みで「Rise Above It All」というレコードをリリースしている。今回同様にAB1曲ずつでカバー曲となっている。FunkadelicMaggot Brain」そしてPharoah SandersThe Creator Has A Master Plan」のカバーである。彼らの場合、どんな曲をカバーしたとしても、Bardo Pond流に再構築してくる。原曲を良く知っていたとしても、それだと分る人はそんなには居ないと思う。コンピレーション盤などリリース量が多いので、カバー曲も多いのかも?あまり気にしていなかったが、今度持っているBardo PondCDやレコードのクレジットを今一度確認してみる必要がありそうです。以外な曲がカバーされているかもね。