読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

2017.4.21 The Stone Roses@日本武道館

フェス以外だと22年振りの単独来日公演を日本武道館で観てきました。私の音楽リスナー人生を変えたと言っても過言ではないThe Stone Rosesです。CDやレコードを買い漁るディスカホリックに成ったのも彼らの存在があったからなのであります。2012年のフジロックで観た感動を再び味わいたく、ワクワク、ドキドキしながらライブが始まるのを待っていた。

f:id:hiroshi-gong:20170421182409j:plain

定刻19時を少し過ぎた辺りで、オープニングナンバーI Wanna Be Adoredでスタートした。オープニング定番中の定番で、この曲でライブの良し悪しが決まることがあるので、観客も大合唱にてIanのヴォーカルをサポート。Ianはそれに答えるべく丁寧に歌っていた。ヴォーカルと演奏のバランスもよく、ホッと一安心してしまった。続くElephant Stone、Sally Cinnamonでも完璧なライブを披露してくれた。「肩が痛い」と言っていたIanであったが、いつものようにモンキーダンス等やっていたので大丈夫なのでしょう。

 

それにしても、Ian、どうしたんでしょう。歌上手になったと思いませんか?これまで、ソロ・ライブも何回か見ているけど、こんなに音程がズレないのは初めてだと思う。感情移入してシャウトするヴォーカル・スタイルじゃないので、メロディーを淡々と歌うだけでも、曲の素晴らしさが充分に伝わってくるのです。

 

Ianのヴォーカルに心地よく酔いしていたら、後半見事にコケましたね。She Bangs the Drumsはズレまくりで、本来のIanらしさが出ていて思わす苦笑いした観客も多いはず。そんなことが話題になるヴォーカルってIan以外にお目に掛かったことはありません。それだけ、愛されているキャラクターであると言うことですね。

f:id:hiroshi-gong:20170421191509j:plain

ヴォーカルを支えるバックの演奏も素晴らしく、特にReniのしなやかにダンシンググルーブを伝えるドラミングは圧巻。そして、唸るベースでサウンドを引き締めるManiの存在も観逃がせない。この2人のリズム隊のおかけで、自由奔放に多少暴走ぎみにJohnのギターが宙を舞う。Johnの風貌が少し変ってしまったのには驚いたけどね。まさに、この4人が居てこそのThe Stone Rosesであることを再確認してしまった。

 

セットリストを見て分かる様に、殆どがファーストアルバムを中心とした時代の選曲です。セカンドアルバム「Second Coming」からはBegging You、Love Spreadsのみであります。新曲は2曲公開されているが、演奏したのはAll for Oneのみと言った状況。新作がリリースされていない中でリスナーが求めているのも、この時代だと思うけど、もう少し新たなる展開があっても良かったのかな?そう思いつつもラスト曲はI Am the Resurrectionしかないと思った。やはり最高に素晴らしいライブなのであった。

f:id:hiroshi-gong:20170421204345j:plain

 

セットリスト

I Wanna Be Adored

Elephant Stone

Sally Cinnamon

Mersey Paradise
(Song for My) Sugar Spun Sister

Bye Bye Badman

Shoot You Down

Begging You

Waterfall

Don't Stop

Elizabeth My Dear

Fools Gold

All for One

Love Spreads

Made of Stone

She Bangs the Drums

Breaking Into Heaven

This Is the One

I Am the Resurrection