ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

Sun Arawの奏でるロックお経とは

ジャマイカの伝説的ヴォーカル・グループThe Congosとの共演盤「Icon Give Thank」(2012年リリース)やニューヨークの電子音楽家でニューエイジ・ミュージックの巨匠Laraajiとの共演盤「Professional Sunflow」(2016年リリース)が、話題となったLAのSun ArawことCameron Stallones。常に独自のサイケ道を追求しているSun Arawの新作「Rock Sutra」が自身のレーベルSun Ark Recordsよりリリースされました。

 

Sun Araw / Rock Sutra

f:id:hiroshi-gong:20200624202227p:plain

「ロックお経」と題された本作は、パーカッショニストJon Lelandとシンセサイザー奏者Marc Riordan、そしてSun Arawのギター、ヴォーカルの3人による生演奏をベースに作られています。トロピカルでオーガニックな雰囲気のグルーヴを醸しながら、ファンキーでコズミックさも感じさせます。これまでになくポリリズミックで不思議なサウンドにSun Arawのすっとぼけたようなヴォーカルが絶妙な塩梅で絡んできます。複雑なアンサブルを、いとも簡単にサウンド構築するサポート・メンバーの力量も凄い。2人のメンバーは、2017年のアルバム「The Saddle Of The Increate」にも参加していただけに息もぴったりです。

 

恍惚感と酩酊感に満ちあふれた中毒性たっぷりの全4曲を収録しています。これまで共演してきたThe Congos、Laraajiらの影響もしっかりと反映されているのも面白い。このアルバムで桃源郷へと導いてくれるのなら、「ロックお経」といっても問題ないですね。何もかも忘れてエンドレスで聴いていられる究極の1枚です。この編成でライブが観たい~

 

 

 

8年前にジャマイカの伝説的ヴォーカル・グループThe Congosとの共演盤「 Icon Give Thank」について、書いていました。