ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

Suzanne Langilleのヴォーカルに絡むNeel Murgaiのパーカッション、喉歌ヴォイスがスピリチュアルに鳴り響くエクスペリメンタル・ブルース!

f:id:hiroshi-gong:20201110172015p:plain

 Photo by Mari Tanaka

NYの孤高ギタリストLoren Connorsのパートナーとして知られる女性ヴォーカリストSuzanne Langille。80年代後半よりLoren Connorsと共に活動を行っています。一方、Neel Murgaiはラーガ音楽に影響を受けてBrooklyn Raga Massiveという音楽集団を結成してマルチ・インストゥルメンタル奏者として活動しています。90年代後半には、Loren ConnorsとSuzanne LangilleのバンドHaunted Houseにも参加しています。今回、2人の10年振りとなるコラボレーション・アルバム「Come When The Raven Calls」がリリースされました。

 

Suzanne Langille & Neel Murgai / Come When The Raven Calls

Come When The Raven Calls | Suzanne Langille & Neel Murgai | Suzanne  Langille

本作はSuzanne Langilleの妹でブルース歌手でもあった故Laurette Langilleの曲も1曲歌っています。レクイエムといった雰囲気を醸し出しながら、Suzanne Langilleの恍惚とした悲しみと怒りを歌に託している。これまでに無く歌と真摯に向き合っている気がする。ブルースのスピリットを巧く取り込んで、後半は生き残るためへと導いています。ラスト9曲目「If You Can Wake」は40秒ほどのヴォーカルのみの曲です。この曲の最後をDawn Is Coming Soonと締めくくっています。歌詞を収録しているのも、そこが重要だと思ったのでしょうね。

 

Suzanne Langilleのヴォーカルに絡むバック演奏は、Neel Murgaiの民族打楽器ペルシャ・ダフを中心としたトランシーなパーカッション、喉歌ヴォイスのみです。この必要最小限の音によるプリミティヴなアプローチが、スピリチュアルに鳴り響くエクスペリメンタル・ブルース!といった感じで、Suzanne Langilleのメッセージがより強固に伝わってきます。Neel Murgaiの音楽的センスも感じられる素晴らしい1枚です。