ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

孤高のギタリストSteven R. Smithの “In The Spires” 、今後を占う重要なアルバム!

f:id:hiroshi-gong:20211021135835p:plain

ロサンゼルスを拠点に活動している孤高のギタリストSteven R. Smithの本人名義による新作 “In The Spires” がリリースされました。彼について当ブログでも何回か取り上げていますが、まずは簡単におさらいしておきましょう。

 

90年代中頃よりソロ活動を行いながら、サイケデリック・バンドMirzaのメンバーでもありました。このMirzaには、カリフォルニアのインディーズ・ポップ職人と言われるようになったGlenn Donaldson、そして現在Dire Wolves、Angel Archerとして活動を行いながらソロ・ユニットOld Million Eyeとしても活躍しているBrian Lucasらが参加していました。Mirza が解散した2000年代初めにはGlenn Donaldsonが立ち上げた音楽集団Jewelled Antlerの中心的バンドThujaにも参加。その頃にSteven R. Smithはソロ・ユニットHala Stranaとしても活動しています。2000年代後半からはUlaan Khol、Ulaan Markhor、Ulaan Passerine、Ulaan Janthinaとアルバムよって名義を使い分けながら、毎年アルバムを定期にリリースして、現在に至っています。

 

私が彼のことを孤高のギタリストと呼んでいるのは、ライブ活動もせずにひたすら自宅スタジオに籠もり、ギター以外の楽器も全て自分で行いながら曲作りに没頭しているからです。他者との交流もあまり行っていない彼が、近年になってGlenn DonaldsonやBrian Lucasとの親交を深めています。2019年にはこの3人によるユニット43 Odesでアルバムをリリース。更に今年10月リリースのOld Million Eyeの最新アルバム「The Incandescent Switch」にパーカッションニストとして参加しています。Mirzaの頃からフォローしてきたファンとしては、内に籠もるよりは外に目を向けたことで少しホッとしています。

 

Steven R. Smith / In The Spire

f:id:hiroshi-gong:20210627142939p:plain

Steven R. Smithとしては2年振りの新作。ギター、ピアノ、ベース、パーカッションの他、ブズーキ、スパイクフィドル、チェロ、ハーモニウム、ハーディ・ガーディといった楽器なども駆使して彼一人での録音です。マスタリングはCauliflower AudioというスタジオのオーナーでもあるAdam Booseが手掛けています。リリース元はブルックリンのCold Moon Recordsで、Steven R. Smith関連としては初リリースです。レーベルではすでに完売ですね。

 

本作はSteven R. Smith初期のユニットHala Stranaの東欧フォーク的な雰囲気とUlaanの様々な名義で実践してきたドローン、アンビエント、ノイズを巧く組み合わせた感じです。冒頭1曲目 ”Needle In The Pin Field“ は、Ulaan Passerine名義で2020年リリース ”To NRDC With Love From Qvästlafve.“ のV.A.盤に収録されている1曲です。この曲をUlaan PasserineではなくSteven R. Smithのアルバムに収録したことにもの凄く意義を感じる。個人的にはこのアルバムを象徴する1曲だと思う。

 

それと、昨年リリースされたUlaan Janthinaでは、あえて通常のギターを抑えたアルバムを作りました。でも今回は違います。9曲目 ”The Bishop Sea“ でのギターワークが素晴らしいです。最初の1分ぐらいのアルペジオ奏法はジミー・ペイジを思い出してしまったw  マルチ・インストゥルメンタル奏者であるけど、基本はやはりギタリストであることを再確認してくれるアルバムでもあります。

 

ギターを中心として多彩な要素を含んだ全11曲収録の “In The Spires”。もはやUlaan云々と言ってる場合じゃないのかもしれません。すべて纏めてSteven R. Smithでいいかと思う。様々な名義を使うことで隠者的なイメージを持たれていたが、いよいよ表舞台に出てくる日も近いと感じた。Steven R. Smithの今後を占う重要なアルバムであることに間違いない。

 

本作には12ページの小冊子もセットになっています。一部Gagik HovhannisyanやDenis Poltoradnevの名前がクレジットされていますが、大半はSteven R. Smithによる作品です。これまでも何作か小冊子が付いていました。彼のフィジカルに対する拘りは半端ないです。

f:id:hiroshi-gong:20211022181744j:plain   f:id:hiroshi-gong:20211022181923j:plain   f:id:hiroshi-gong:20211022181854j:plain

 

 

Steven R. Smithの以前に書いた記事です。