ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

スウェーデンの男女デュオTreasury of PuppiesのLo-Fiベッドルーム・ミュージックからアンビエントまで網羅した不思議な世界!

Primary

スウェーデン、ヨーテポリを拠点とする男女デュオTreasury Of Puppies。ジャケット・アートワークも行っているCharlott Malmenholtとソロユニットでも活動しているJoakim Karlssonの2人によって結成。2020年にアルバム・デビューして、今年2ndアルバム “Mitt stora nu” をリリースしました。Lo-Fiベッドルーム・ミュージックからアンビエントまで網羅した不思議な世界。

 

Treasury Of Puppies / Mitt stora nu

本作は地元のレーベルDiscreet Musicよりレコード・オンリーでリリース。Charlott Malmenholtのダウナーなヴォーカルやリーディング・ヴォイスに絡むサウンドアートなアンビエント、スロウ・コア的なギター、フィールドレコーディングされた音が走馬灯のように鳴り響いています。マスタリングはデビュー・アルバム同様にイタリアの実験音楽Giuseppe Ielasiが担当。レコーディングには敢えて古い録音機材を用いています。Lo-Fiな雰囲気を醸し出したいTreasury Of Puppiesの拘りなのでしょう。

 

"Rotten Apples Of Love"、“Dödens Soffa” そして “Mitt Stora Nu” の3曲は、Treasury Of Puppies流のロックを試みた、まさにLo-Fiベッドルーム・ミュージックといった趣です。一方で、 “Skriv När Du Är Hemma” や “En Blick I Blicken” の2曲は、Charlott MalmenholtとJoakim Karlssonのリーディング・ヴォイスに絡むアンビエントな世界。このように多彩で様々なアプローチを仕掛けていますが、心地よく独自の不思議なテクスチャーを築き上げています。マスタリングを担当したGiuseppe Ielasiの技が生きていると思う素晴らしい1枚です。

 

Treasury Of Puppiesの歌詞は、彼らが影響を受けたMare Kandre、Edith Södergran、Edgar Allan Poe、Britney Spearsについての叙事詩的な内容が盛り込まれているとのことです。Mare Kandre(1962-2005)は、エストニア系のスウェーデン人作家で、80年代にポスト・パンクバンドGlobal Infantilistsのヴォーカリストでもありました。Edith Södergran(1892-1923)はスウェーデン語を話すフィンランドの詩人で、スウェーデン語の詩と音楽の歌詞に影響を与え続けています。Mare Kandreも影響を受けた1人とのことです。Edgar Allan Poe(1809-1849)は日本でも知名度の高いアメリカの小説家。Britney Spearsは誰もが知っているアメリカの歌手で女優ですね。

 

これらの偉人達が歌詞にどのように反映されているか? 歌詞カードもなくスウェーデン語も分らないですが、勝手にイメージして聴くだけも面白いです。