読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

Sun City Girls あれこれ

f:id:hiroshi-gong:20140218185342j:plain

Sun City Girlsといっても今どきのアイドル・クループじゃありませんよ。1982年に結成して、ハード・コアからフォーク、そしてノイズまで縦横無尽にジャンルの垣根をぶっ壊して胡散臭い活動(おっと、失礼!)を続けてきたアメリカのローファイ・バンド。2007年にメンバーのCharles Gocherの死去により活動を停止してしまった。残された他のメンバーであるAlan BishopRick Bishopの兄弟は、それぞれに活動しつつSun City Girlsの膨大なる音源のリイシューを行なっている。

 

そんな中、昨年の春にシングルズ・コレクションの第3Eye Mohini (Sun City Girls Singles Volume 3)がリリースされていた。今頃になって慌てて購入したのであります。

 

 

Sun City Girls / Eye Mohini (Sun City Girls Singles Volume 3)

 

f:id:hiroshi-gong:20140124150234j:plain

 

このEye Mohiniは、1980年代後半から1990年前半のシングルを中心に全14曲収録されています。第1弾、第2弾もこの時代であった。Sun City Girlsは、1987年から1994年の間に7インチEP盤を10タイトルもリリースしている。この第3弾がリリースされたことによってオルタナティブ時代のシングル曲は殆どCDとして聴くことが出来るようになった。

 

私がSun City Girlsを聴き始めたのは、この時代のアルバム「Torch of the Mystics」(1990年リリース)や「Valentines From Matahari」(1993年リリース)からである。ただ当時はレコードのみで、実際に聴き始めたのはCD化になってのことだから90年代後半である。CD全盛期であったのでレコードを入手するのが難しいころでもあった。

 

その後、2000年に入ると、今度はCDオンリーでリリースを始めたのである。それがCarnival Folklore Resurrectionシリーズである。2005年までにVolume 14までリリースすると言った驚異的な量であった。私はこれを集めるのに必死になっていた。10タイトルほど集めたのかな?そして、そのどれもが実験的でアヴァンギャルドであった。いい意味での胡散臭さが満載だったのである。だから個人的にはSun City Girlsと言うとCarnival Folklore Resurrectionシリーズになってしまうのである。

 

でも、今回のEye Mohiniを聴くと、ロックバンドとして勢いがあったのは、90年代前半であることを強く感じさせられた。サイケディリックでローファイなフォーク・ロックを中心としたSun City Girlsワールドが満載!どの曲もエスニックな雰囲気を漂わせているが、どれもがインチキに聴こえる。でも、彼らのミュージシャンとしての力量は相当なものである。能ある鷹は爪を隠すじゃないが、人を食った様なおとぼけサウンドは、やっぱり危険で胡散臭い(笑)。それがSun City Girlsの最大の魅力でもあるけどね。

 


Sun City Girls - Eye mohini - YouTube

 

 

 

そして、同じ時期にもう1枚、Sun City GirlsAlan Bishopによる新プロジェクトThe Invisible Handsのアルバムがリリースされていた。Alan Bishopはソロ活動の時はAlvarius B.を名乗っているが、The Invisible HandsでもAlvarius B.とクレジットされている。Alvarius B.といえば、2011年リリースのBaroque Primitivaを年間ベストNo.1に選んだ私です。Ennio Morriconeのカバー曲、そして、『007は二度死ぬ』の主題歌のカバー曲、Brian Wilsonのカバー曲を含む全11曲。後世に受け継がれていく隠れたアシッド・サイケ・フォークの名盤と豪語していたのでありました。はたして今回は・・・?

 

The Invisible Hands

f:id:hiroshi-gong:20140124190220j:plain

エジプトのミュージシャンを集めてカイロで録音された本作は、Alvarius B.の雑多な音楽性に中東エッセンスを少し散りばめたサウンド。Alvarius B.よりはロック色が濃く、90年代初期のSun City Girlsに近い感じがする。買ったのはCDだけど、アナログ盤は、英語とアラビア語の両バージョンを含む2枚組仕様とのこと。アナログ盤の方が良かったかな?政情不安のエジプト発なのでAlvarius B.のメッセージ性も伝わって来そうな秀盤であります。

 


The Invisible Hands - Soma - YouTube