ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

2022年11月のディスカホリック

月末恒例のディスカホリック(購入履歴)です。毎回、購入履歴と一緒に色々と書いてるけど、今回は時間切れで書きそびれてしまいました。自分の音楽遍歴について書こうと思ったけど、書いているうちにあれもこれも取り上げなくちゃになって、収拾が付かなく…

Doug Martsch率いるBuilt To Spill の新作は、ブラジルのサイケバンドOruãのメンバーと作り上げた傑作!

1992年に結成されたDoug Martsch率いるUSインディー・ギターバンドBuilt To Spill 。Doug Martschはバンドを共同プロジェクトと位置付けて、進化するにはアルバム毎にメンバーを変更すると公言していた。ただ、Warner Bros.に移籍して1996年にリリースされた…

スペイン出身でフランスを拠点に活動しているBorja Flamesのエクスペリメンタルなアヴァン・ポップな世界とは

スペイン出身で90年代後半より音楽活動を行っていたBorja Flames。2000年代後半にフランスに拠点を移してMarion Cousinと組んだフォーク・ユニットJune et Jimで、その存在を知られるようになります。2016年にはソロとしても活動を始めている。本日はBorja F…

ドイツのBrannten Schnüreが奏でるシュールで不思議なフォークミュージック!

ドイツ・ヴュルツブルクを拠点とするChristian Schoppik、Katie Richによるエクスペリメンタル・ダークフォーク・デュオBrannten Schnüre。数年前からコアな人気を得ており、リリースされるアルバムの殆どが瞬殺で廃盤となっています。入手しようと色々と検…

Mimi Parker(Low)、R.I.P.

スロコアの先駆者的なバンドLowのヴォーカル&ドラムスであるMimi Parkerが亡くなりました。まだ、55歳の彼女は2020年に卵巣癌と診断されていたとのこと。昨年の最高傑作である “Hey What” はそんな状況の中で製作されていたのですね。2001年初来日を今は無…

2022年10月のディスカホリック

今年もあと2ヶ月です。そろそろ2022年アルバム・ベスト10を考える時期にもなってきました。個人的にはギターロック系にいいアルバムが、多かった気がします。逆にニューエイジミュージック系はリリース量が多い割には、これと言ったアルバムに出会えなかった…

Oren Ambarchi “Live Hubris” は、石橋英子、Jim O’Rouke、Mats Gustafsson、が参加したミニマルでコズミックな世界!

Oren Ambarchi “Live Hubris” は、2016年にリリースされた傑作アルバム “Hubris” のライブ盤です。2019年に50歳になったOren Ambarchiと彼がオーナーを務めるレーベルBlack Truffleの10周年のお祝いの一環として、ロンドンの Café Oto で行われたライブ・パ…

The Parelsの奏でる摩訶不思議で奇妙なサウンドとは

摩訶不思議なサウンドを奏でるロサンゼルスのEddie RuschaとJim GoodallによるThe Parels。今年リリースされた5年振りの3rdアルバム “Soul Moth” を紹介します。この2人、ノイズ・シューゲイザーバンドMedicineのメンバーでもありました。 Eddie RuschaはMed…

もはや、孤高のギタリストではなくなったSteven R. Smithの2枚の新作!

Steven R. Smithの昨年リリースされたアルバム “In The Spires” を今後を占う重要なアルバム!として記事にした。今年になって新たなる展開を示す2枚のアルバムがリリースされました。彼について当ブログで何回か取り上げており、重複する部分もあると思うが…

2022年9月のディスカホリック

ブログをやっていて嬉しいことは、取り上げたバンドやアーティストからのリアクションがあることです。今月書いたPrimordial Undermindの新作について、バンドやレーベルからのシェアやリツイートがありました。 FacebookでPrimordial Undermindがシェアして…

スウェーデンのアンダーグラウンド シーンで活躍しているBlodに嵌まっています!

スウェーデンのアンダーグラウンド シーンで活躍しているBlodは、Gustaf Dickssonのソロ・プロジェクトであり、ノイズ、インダストリアル作家の重鎮でもあるSewer ElectionことDan Johansson率いる即興アウトサイダー・アシッドフォーク・ユニットEnhet För …

轟音スペース・ジャムバンド化となったPrimordial Undermind の新作!

Primordial Undermindは90年代初頭にEric Arnによってロサンジェルスで結成され、ボストン、サンフランシスコ、オースチンと拠点を移し、2005年よりオーストリアのウィーンに定住して活動しているエクスペリメンタル・サイケデリックバンドです。Eric Arn以…

エレファント6界隈のバンドのひとつ、米インディーズ・バンドElf Powerの新作!

Elephant 6界隈のバンドのひとつ、米インディーズ・バンドElf Powerの5年振り14作目となる新作 “Artificial Countrysides” がリリースされました。本日はその新作について取り上げます。彼らが未だにElephant 6界隈のバンド云々と言われているので、Elephant…

2022年8月のディスカホリック

8月はバタバタしていました。私事で申し訳ありません。仕事の関係でワクチン4回接種しているにも関わらず、コロナに感染しました。職場でコロナが発生して、すぐにレッドゾーン勤務を行うことになった。5日目に発熱があり、検査の結果コロナ陽性で、10日間の…

Spiritualizedの新作は、名盤 “Ladies And Gentlemen We Are Floating In Space(宇宙遊泳)” の第2章と言える傑作!

Spiritualizedはイギリスの伝説的なバンドSpacemen 3のメンバーであったJ SpacemanことJason Pierceを中心に1990年に結成。1997年にリリースされた3枚目 “Ladies And Gentlemen We Are Floating In Space” が彼らの人気を不動のものとした名盤になった。2005…

フジロックフェスティバル2022、7月31日(日)観戦報告

フジロック最終日です。個人的にバタバタしていて、すこし間が空いてしまった。やっと書き上げる余裕が出来た。これを書かないことには次に進まないしね。最終日はゆっくりスタートです。前日が午前3時に寝たのでそうならざるを得ない。もう無理の利く年じゃ…

フジロックフェスティバル2022、7月30日(土)観戦報告

フジロック2日目です。いつもよりも早めに宿を出る。朝10時からのピラミッド・カーデンで行われるTerry Rileyを観るためです。初ピラミッド・カーデンです。元々はキャンプサイト専用ステージということでスタートしているが、その後、出入りが自由になった…

フジロックフェスティバル2022、7月29日(金)観戦報告

3年振り19回目となるフジロックに行ってきました。仕事の関係でワクチン4回摂取を行い、フジロック参加直前のPCR検査、ゴーグルや手袋の使用、そして帰って来てから簡単な抗原検査、やるだけのことをやってフジロックに臨んだ。北海道の田舎町に住んでいるの…

2020年7月のディスカホリック

明日、3年振り19回目となるフジロックに向けて出発します。無理せずにノンビリと楽しみたいと思います。 7月のディスカホリック(購入履歴)は、レコード6枚、カセット1本、CD1枚、そして頂き物のCD2枚、の10作品となりました。まだ、しっかりと聴けていませ…

フジロック2022まで、あと10日です!

フジロックに向けてスマホとハズキルーペを新しくした。スマホは6年も同じ機種を使っていたため、化石だとか色んなことを言われていた。ネットは基本PCが中心だったので最低限のことが出来れば良かった。ただ充電が持たなくなったことで新しくするしかなくな…

スウェーデンのGooseが奏でる様々な音源がコラージュされた作品!

スウェーデンを拠点に活動しているミュージシャンが集まったGoose。ジャズピアニストとして今後の活動が期待されているJohan Gradenとギタリストでありプロデュースも行うスタジオの魔術師Daniel Ögrenの2人を中心に、バンドネオンのMikael Augustsson、フル…

2022年6月のディスカホリック(はてなブログを書き始めて今年6月で10年が経ちました)

はてなブログを書き始めて今年6月で10年が経ちました。細々でありますが、どうにかこうにか継続することが出来ました。元々は2005年よりMixi日記にCDの購入履歴を書いていました。2000年代後半頃からMixiが色々なことをやり始めていて、その事でFacebookやTw…

スウェーデンの男女デュオTreasury of PuppiesのLo-Fiベッドルーム・ミュージックからアンビエントまで網羅した不思議な世界!

スウェーデン、ヨーテポリを拠点とする男女デュオTreasury Of Puppies。ジャケット・アートワークも行っているCharlott Malmenholtとソロユニットでも活動しているJoakim Karlssonの2人によって結成。2020年にアルバム・デビューして、今年2ndアルバム “Mitt…

カルト的な人気を誇るニュージーランド発のThe Garbage & The Flowersが満を持してリリースしたインディーズ・ギターバンドとしての新作!

ニュージーランド、ウェリントン出身のYuri Frusin、Helen Johnstoneの2人により80年代後半に結成されたThe Garbage & the Flowers。サポート・メンバーを加えて活動を行い、1992年のデビュー・シングルから5年も経った97年に1stアルバム “Eyes Rind As If B…

80年代に活躍した フランスのエスノ・インダストリアルバンド Vox Populi!のアーカイブ音源集!

80年代に活躍した フランスのエスノ・インダストリアルバンド Vox Populi!は、1981年にパリ在住のAxel Kyrouによって結成。その後、彼のパートナーとなるイラン・テヘランからの移住者である女性シンガーMitraとその弟Arash Khalatbariらが参加します。カセ…

2022年5月のディスカホリック

5月13日にオーディオメーカー “オンキヨー” が自己破産しました。昨年上場廃止になった時にこうなると思っていた。応援の意味も込めて株価20円の頃、一発逆転に賭けて株を買った。結局15円で何とか売り逃げ出来ました(笑) オーディオマニアじゃないけど、2…

ウクライナ、ロシア、エストニアとソ連の3カ国を渡り歩いてきたヴァイオリン奏者Valentina Goncharovaのアヴァンギャルドなアーカイブ音源!

ウクライナのキエフ(キーウ)出身の音楽家Valentina Goncharova。16歳からレニングラード(現サンクトペテルブルク)で、ソ連のクラシック音楽研究に没頭しヴァイオリンを学ぶ。1984年にエストニアに移り、この頃よりクラシックのみならず、フリージャズ、…

P.E.のセカンド・アルバム! バブルガムポップやニューウェーブ、ノーウェーブといった雰囲気を醸し出しながらダンサブルで新感覚のポップさを体感!

解散したポストパンクPillの3人Benjamin Jaffe、Jonathan Campolo、Veronica Torresとロック、ジャズ、ノイスなど様々な音楽を実践しているコラボレーション・ユニットEaters のBob Jones、Jonathan Schenkeが合体して結成されたNYブルックリンのP.E. 。彼ら…

フォーク、アンビエント、ドローンをアパラチアン音楽の雰囲気で纏め上げた男女デュオMagic Tuber Stringband

フォークやアンビエントを中心としたアメリカのカセットレーベルGarden Portal。毎回限定150本のカセットを、アメリカ、カナダを中心に販売していた。日本からの直接注文はカセット1本で送料で20,000円以上取るので、フィジカルに拘ると厳しい状況であった。…

2022年4月のディスカホリック

4月22日にフジロックの第2弾ラインナップ発表されました。今回はVampire Weekend、Jpegmafia、 The Hu、Bloodywoodの4組です。これでヘッドライナー3組が、Vampire Weekend、Jack White、Halseyに決定しました。第1弾発表の時に地味な感じがすると書きまし…