ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

2016年アルバム・ベスト10

今年初の更新は、もちろん2016年アルバム・ベスト10です。素晴らしいアルバムが多くて悩みました。9位、10位は、自らGong Familyと名乗っているので、他を押しのけて強引に入れた感じです(笑)。 

今年も拙い文章で地味に更新して行きますので、お付合いのほど、よろしくお願いします。

 

No.1 Larsen / Of Grog Vim

f:id:hiroshi-gong:20160623115820p:plain

 

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

www.youtube.com

 

 

No.2 Radian / On Dark Silent Off 

f:id:hiroshi-gong:20161228155342p:plain

オーストリアのウィーンで1996年に結成された3人組バンドRadian。2009年以来の久しぶりの新作です。インストメンタル中心で、より実験的で硬質なサウンドが気持いい。

 

www.youtube.com

 

 

No.3 Rob Crow's Gloomy Place / You're Doomed. Be Nice.

f:id:hiroshi-gong:20170110170814j:plain

PinbackのRob Crowの新しいバンド。Pinbackファンの期待を裏切らない好盤です。

 

www.youtube.com

 

 

No.4 Flowers Of Hell / Symphony No.1

f:id:hiroshi-gong:20160726150633p:plain

 

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

www.youtube.com

 

 

No.5 Charlemagne Palestine / Cathédrale De Strasbourg

f:id:hiroshi-gong:20160422203210p:plain

昨年3作品も購入しているCharlemagne Palestineであります。そのどれもが新作と言うのだから、彼の創作意欲は凄い。その名から、2012年フランスのストラスブール大聖堂で行ったライブ音源。オルガンの音がサイケデリックに鳴り響きます。ミニマル、ドローン・ファンはもとより、シューゲイザーファンにも聴いて貰いたい素晴らしいアルバムです。

 

soundcloud.com

 

 

No.6 Catherine Christer Hennix / Chora(s)san Time-Court Mirage、Live at Issue Project Room

f:id:hiroshi-gong:20160426141253p:plain

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

soundcloud.com

 

 

No.7 Kula Shaker / K2.0

f:id:hiroshi-gong:20160222194644p:plain

フジロック2016で素晴らしいライブを披露してくれたKula Shakerの新作。 

 

www.youtube.com

 

 

No.8 Helen Money / Become Zero

f:id:hiroshi-gong:20161022093737p:plain

チェリスト Alison ChesleyのソロユニットHelen Moneyの新作。チェロの概念を覆すポストロックな世界。素晴らしいです。

 

www.youtube.com

 

 

No.9 Gong / Rejoice! I'm Dead!

f:id:hiroshi-gong:20160920204248p:plain

 

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

 

No.10 Daevid Allen Weird Quartet / Elevenses

f:id:hiroshi-gong:20160214210530p:plain

  

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

 

 

 

2016年12月のディスカホリック

12月のディスカホリックは12タイトルの購入実績です。年間では130タイトルの購入実績となりました。毎度のことながら私的年間ベストは年明けです。今年も素晴らしい音楽に出会えたことに感謝です。来年は段ボール箱に詰めて物置に8年近く放置してあるCDを整理したいと真剣に考えています。はたしてどうなるかな(笑)。

 

 

The Notwist / Superheroes, Ghostvillains + Stuff(2CD) 購入先WOW HD 購入価格1,868円 

f:id:hiroshi-gong:20161228155247p:plain

90年代初期の頃から活動しているジャーマン・インディーズ・バンドThe Notwistのライブ盤。ライブバンドとしての実力を発揮した素晴らしいアルバムです。 

 

 

Radian / On Dark Silent Off 購入先WOW HD 購入価格1,326円

f:id:hiroshi-gong:20161228155342p:plain

オーストリアのウィーンで1996年に結成された3人組バンドRadian。2009年以来の久しぶりの新作です。インストゥルメンタル中心で、より実験的で硬質なサウンドが気持いい。

 

 

Cavern Of Anti-Matter / I'm The Unknown(Vinyl) 購入先Amazonco.jp 購入価格2,537円

f:id:hiroshi-gong:20161228155433p:plain

StereolabのTim Gane率いるCavern Of Anti-Matterの12インチシングル。

 

 

Landing / Complekt(Vinyl) 購入先Landing Bandcamp 購入価格$36.00(4,259円)

f:id:hiroshi-gong:20161228155530p:plain

今年2作目となるLandingのVinylとカセットのみでの最新作。アンビエントシューゲイザーといったLandingならではのアルバムです。

 

 

Richard Youngs / The Rest Is Scenery 購入先Amazonco.jp 購入価格2,029円

f:id:hiroshi-gong:20161228155626p:plain

Richard Youngsのヴォーカルをメインとしたアルバム。シンプルな演奏で比較的短めの曲を多くして、より歌物に拘った内容です。彼の息子Sorley Youngsが冒頭の1曲目で歌っています。

 

 

Richard Youngs / Varispeed Etudes(Vinyl) 購入先Amazonco.jp 購入価格3,530円

f:id:hiroshi-gong:20161228155720p:plain

こちらも今年前半にリリースされたアルバム。ヴォイスを使ったアヴァンな曲やエレクトロニックスによる不協和音をコラージュした曲など実験的な試みが満載です。

 

 

Alan Licht / Currents(Vinyl) 購入先VDSQ Records 購入価格$36.00(4,396円)

f:id:hiroshi-gong:20161228155822p:plain

2015年にリリースされていたAlan Lichtのアコギ1本によるアルバム。リリース元にオーダーしたらVDSQ Recordsのロゴ入りピック2枚も付けてくれました。

 

 

Henry Kaiser、Alan Licht / Skip To The Solo 購入先AmazonUSA 購入価格$27.93(3,333円)

f:id:hiroshi-gong:20161228155956p:plain

Henry Kaiser、Alan Licht、そしてMikko Biffleの3人のギタリストのソロ曲を纏めたアルバム。ラスト曲は3人のギターバトルです。

 

 

Scarlet Rascal / Scarlet Rascal 購入先Amazonco.jp(ZOverstocksJPN)購入価格1,544円

f:id:hiroshi-gong:20161228160046p:plain

ブリストルを拠点に活動するポストパンScarlet Rascal。今年10月にPortishead の Geoff Barrow が主催するレーベル Invada Recordsよりデビュー・アルバムがリリースされました。一押しの新人バンドですので、ブレークして欲しいけど。

 

 

Yak / Alas Salvation 購入先Amazonco.jp(ZOverstocksJPN)購入価格1,417円

f:id:hiroshi-gong:20161228160133p:plain

こちらも今年春にアルバムデビューした新人バンドです。次世代プログレなどともいわれていますが。

 

 

Tangents / Stateless Amazonco.jp(K2レコード)購入価格836円

f:id:hiroshi-gong:20161228160217p:plain

エクスペリメンタル・ジャズ的なテイストも持ち合わせたオーストラリアのポスト・ロックTangentsのセカンドアルバム。Temporary Residenceからリリースされたので購入してみました。

 

 

Laraaji & Sun Araw / Professional Sunflow(2Vinyl) 購入先Meditations 購入価格3,129円

f:id:hiroshi-gong:20161228160340p:plain

1980年のBrian EnoプロデュースAmbient 3 (Day Of Radiance)でお馴染みのLaraajiとダブ色の強いサイケなサウンドを展開しているSun ArawことCameron Stallonesによるコラボレーション。両者の意向がしっかりと反映された素晴らしいアルバムです。

 

 

 

2016年11月のディスカホリック

今年3月に購入したPCの電源が入らなくて、20日間ほど修理に出していました。結局、症状再現せずと言うことで戻って来た。購入した店でも確認して修理に出したのにね。ただ、初期設定されて一からやり直すことが無かったので助かったかな。

そんなことで、更新が遅れてしまった11月のディスカホリックです。9タイトルの購入実績でした。BOXの購入がちょっと大きかったです。Steve Hillage、Lou Reedともに大好きなアーティストだけに、これはもう買うしかないのだけど。まあ、時間を作って1枚、1枚聴いていくしかない。

 

Steve Hillage / Searching for The Spark(22CD BOX) 購入先Planet Gong Bazaar 購入価格£210.15(33,030円)

f:id:hiroshi-gong:20161205164234p:plain

1969年から1991年までにリリースした全てのアルバムと未発表のレア音源を詰め込んだボックス。オリジナルアルバムはほぼ持っているので、注目は未発表のライブ音源なのだが、まだ2枚位しか聴いていない。

 

 

Lou Reed / The Rca & Arista Album Collection(17CD BOX)購入先Amazon.co.jp(ZOverstock)  購入価格12,200円  

f:id:hiroshi-gong:20161205164452p:plain 

Lou Reed監修のもとにリマスターされたRCAアリスタ時代のアルバム16作品(17CD)をまとめたボックス。 Lou Reed LiveやLive In Italyを外したのは何故?と言いたくなる。それと未発表音源ぐらいはあってもいいかと思う。こちらもすべて持っているので、まだ聴いていない(笑)。ただ、価格的に安く購入出来たので良しであります。

 

 

Joan of Arc / Firecracker in A Box Of Mirrors 購入先Amazon.co.jpディスクユニオン横浜西口店) 購入価格1,996円

f:id:hiroshi-gong:20161205164836p:plain

LP「Firecracker in A Box Of Mirrors」と7”「Joan of Arc's Greatest Hits」をカップリングした日本オリジナル企画で今年の来日記念盤としてリリース。「Firecracker in A Box Of Mirrors」は過去の名曲をTim Kinsellaがギター1本での弾き語り。そして「Joan of Arc's Greatest Hits」も過去の名曲を2014年時のメンバーでのバンド編成による再録音。両方とも入手困難なだけに嬉しいアルバムです。

 

 

Joan of Arc / Testimonium Songs 購入先Amazon.co.jp 購入価格2,376円

f:id:hiroshi-gong:20161205165026p:plain

2013年にリリースされた前衛劇団Every House Has A Doorの舞台Testimoniumの劇伴ソング。David Grubbsがゲスト参加しています。こちらも12" 「Joan Of Arc Presents... Pine Cone」というドローンアンビエント・アルバムとのカップリングで日本オリジナル企画です。

 

 

Don Cherry / "Mu" First Part、"Mu" Second Part、Orient(2CD) 購入先Amazon.co.jp(nagiry-jp) 購入価格1,695円

f:id:hiroshi-gong:20161205165439p:plain

先月に引き続きDon Cherryに嵌まっています。BYGレコーズの名盤3枚を2枚に収録したコンピレーション。

 

 

Roy Montgomery / R M H Q: Headquarters(4CD) 購入先WOW HD 購入価格1,793円

f:id:hiroshi-gong:20170117144406j:plain

ニュージーランドのドローンギタリストRoy Montgomery。新作はなんと4枚組!これまの活動の集大成と言った感じです。

 

 

Garbage & The Flowers / The Deep Niche 購入Amazon.co.jp(importcds) 購入価格942円

f:id:hiroshi-gong:20161205182759p:plain

今なおカルト的な人気のニュージーランドのインディーズバンドGarbage & The Flowers。1997年リリースのファースト・アルバム「Eyes Rind As If Beggars」以前に録音した未発表音源集をリリース。「Eyes Rind As If Beggars」同様に素晴らしい。まだ、こんなにも音源があったとはね。

Garbage & The Flowersについては、以前にも取り上げています。

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

 

Steve Reich / Tehillim、Three Movements  購入先Amazon.co.jp(ZOverstock)   購入価格820円 

f:id:hiroshi-gong:20161205182850p:plain

来年3月2日、東京オペラシティでの公演を観に行きます。Tehillimを演奏するので、その予習として購入。

 

 

Oneida & Rhys Chatham / What's Your Sign?   購入先Amazon.co.jp 購入価格2,140円

f:id:hiroshi-gong:20161205182934p:plain

エクスペリメンタル・ロック・バンドOneidaとNo Waveの重鎮として100本ギターオーケストラなど手掛けているRhys Chathamとのコラボレーション・アルバム。フリーキーに鳴り響くギターサウンドが格好いい!

 

 

Larsen「Of Grog Vim」

f:id:hiroshi-gong:20161108142123p:plain

1993年にイタリアのトリノで結成され、初期のアルバムがMichael Gira のプロデュースで Young God Records からリリースされたこともあったアヴァン・フォーク、ポストロック・バンドLarsen。インスト中心のバンドですが、元SwansのJarboe、Current 93のDavid Tibet、英国地下音楽シーンの謎の女性シンガーLittle Annieらをアルバム毎にメイン・ヴォーカルとして起用した作品も多くリリースしています。個性の強いヴォーカル達と切磋琢磨してLarsenワールドを作り上げていったのです。

 

LarsenはNurse With Wound や Z’EVとのコラボ作品もリリースしている。私はNurse With Woundとの「Erroneous, A Selection Of Errors」で彼らの存在を知った。その他、カリフォルニアのエクスペリメンタル・バンドXiu XiuとはXXLとしても活動しています。彼らの組む相手がアヴァンな方々というも興味深いところですね。

 

Larsen「Of Grog Vim

f:id:hiroshi-gong:20160623115820p:plain

そんなLarsenの5年振りの新作としてリリースされたのが「Of Grog Vim」であります。前作「Cool Cruel Mouth」、前々作「La Fever Lit」とLittle Annieをヴォーカルとして迎えた作品でしたが、今回はLarsenメンバーによる久しぶりのインスト作です。現SwansのマルチミュージシャンThor Harrisがトロンボーンで2曲ゲスト参加しています。今回はより一層ポストロックを意識した感じで、ミニマル、ポストクラシカル、ドローンといった実験的要素を巧みに取り込んでいる。メンバー4人の英知を結集したアクレッシブな全8曲。もはや、ヴォーカルは必要ないですね。彼らの新たなる可能性を秘めた最高傑作だと思う。

www.youtube.com

 

こんなライブを披露してくれるのなら、日本で是非ライブを行って欲しい!

www.youtube.com

 

 

2016年10月のディスカホリック

10月は12タイトルの実績でした。今年も後2ヶ月余り、結局、物置に置いてあるCDは今年も整理出来ない有様。売ってしまえばスッキリするけど、それが出来れば悩まなくて済むけどね。その前に部屋に増え続けているレコードをどうするかだな。ラックを買って整理したいけど、ラックを置く場所がないのよ・・・

 

Wilco / Schmilco 購入先WOW HD 購入価格1,156円

f:id:hiroshi-gong:20161022093346p:plain

フジロック2016で素晴らしいライブを披露してくれたWilco。昨年の「Star Wars」に引き続いて早くも新作がリリース。全体的にアコースティックな感じで纏められています。

 

 

Miles Davis / Kind of Blue(Vinyl) 購入先ゲオ八雲店 購入価格990円

f:id:hiroshi-gong:20161022155403p:plain

ディアゴスティーニのジャズ・LPレコード・コレクションの創刊号!Columbia盤でCS8163です。Miles Davisは何も持っていないから、最初の1枚としてはこれなのかな?

 

 

Helen Money / Become Zero 購入先WOW HD 購入価格1,441円

f:id:hiroshi-gong:20161022093737p:plain

チェリストAlison ChesleyのソロユニットHelen Moneyの新作。チェロの概念を覆すポストロックな世界。素晴らしいです。

 

 

Jarboe And Helen Money 購入先Amazon.co.jp(dodax) 購入価格1,453円

f:id:hiroshi-gong:20161022093836p:plain

元SwansのJarboeとHelen Moneyとの2015年にリリースされたコラボレーション盤。これまた素晴らしい。

 

 

The Dead C / Trouble(2CD) 購入先WOW HD 購入価格1,285円

f:id:hiroshi-gong:20161022094036p:plain

ニュージーランドのノイズ・バンドThe Dead Cの新作。

 

 

Gong / Rejoice! I'm Dead!(2CD+DVD-AV) 購入先World Disque 購入価格5,001円

f:id:hiroshi-gong:20161022094236p:plain

新生Gong「Rejoice! I'm Dead!」のスペシャル限定盤も購入。

hiroshi-gong.hatenablog.com

 

 

Don Cherry / Eternal Rhythm(Vinyl) 購入先Discogs 購入価格$27.26(2,896円)

f:id:hiroshi-gong:20161022094626p:plain

ジャズトランペット、コルネット奏者Don Cherryに嵌まってしまった。まずは、代表作と言われる1969年リリース「Eternal Rhythm」を購入。

 

 

Don Cherry / Tibet(Vinyl) 購入先Meditations 購入価格1,521円

f:id:hiroshi-gong:20161022094727p:plain

Don Cherryが面白いのは、民族音楽までをも取り込んでしまうことだと思う。1974年リリース「Eternal Now」のタイトルとジャケットを変更して2007年にリリースされたリイシュー盤。エスニックなサイケ感が最高!Don Cherry については、もう1枚注文しています。来月届く予定ですが、これも楽しみです。

 

 

The Red Krayola with Art & Language / Baby And Child Care 購入先Amazon.co.jp(importcds_com) 購入価格1,642円 

f:id:hiroshi-gong:20161022094819p:plain

Mayo Thompsonの率いるThe Red Krayolaと前衛芸術集団Art & Languageとのコラボレーション企画の第5弾です。実は1984年にアルバムとして完成していたのですが、リリース出来ずにお蔵入りとなっていました。今年になってやっとリリース。脱力系ポップが最高にいい!

 

 

Pixies / Head Carri 購入先WOW HD 購入価格1,271円 

f:id:hiroshi-gong:20161022095050p:plain

Paz Lenchantinが正式ベーシストとして参加したPixiesの新作。

 

 

Teenage Fanclub / Here 購入先WOW HD 購入価格1,264円

f:id:hiroshi-gong:20161022095214p:plain

Teenage Fanclubの6年振りの新作。

 

 

Richard Youngs / No Fans Compendium(7CD Box Set) 購入先Amazon USA 購入価格$47.30(5,002円)

f:id:hiroshi-gong:20161023163320p:plain

スコットランドグラスゴーの実験的シンガーソングライターRichard Youngs。自身のレーベルNo Fans Recordsからリリースされていた入手困難なCDRがVHF Recordsより7CD BOXとしてリリースしていた。これをアマゾンUSAに昨年の8月23日にオーダーしていた。何と今頃になって届いた!送料込み$47.30は、昨年に比べると結構安く買えることになる。正直なところ忘れかけていたんだけどね。 

 

 

The Flowers Of Hell「Symphony No.1」 Malcolm McLaren、Lou Reedに向けたレクイエム!

f:id:hiroshi-gong:20080516184336j:plain

The Flowers Of Hell / Symphony No​.​1

f:id:hiroshi-gong:20160726150633p:plain

カナダ出身のギタリストGreg Jarvis率いるThe Flowers Of Hell。2006年のデビュー時には、Death In VegasのTim Holmes、Spacemen 3のSonic Boomらがアルバム制作に深く関わっていて、サイケデリックなギターサウンドを奏でていた。結成当時は6人のメンバーであったが、サイケデリックを追求して行く中でホーンやストリングスなどのメンバーを増やして総勢16名の大バンドに成っていった。

 

そして、今年になって通算5枚目となる「Symphony No​.​1」がリリースされた。サイケデリックを追求していった先にあったのは、何とクラシックなのでありました。実のところ、彼らの2010年リリースのサード・アルバム「"O" .」で、ホーンやストリングスを大胆に活用しています。今回はそれを上回る究極のクラシックアルバムを作り上げてしまったのです。オペラまでも引っ張り出してきた彼らの意気込みに凄さを感じます。

 

Greg Jarvisは「Symphony No​.​1」でMalcolm McLarenとLou Reedに対する熱い思いも寄せています。Sex PistolsのマネージャーであったMalcolm McLarenのソロ活動でのクラシックとロックを融合した実験的な試みに興味を持っていたとのこと。実現したMalcolm McLarenとの対談の中から、この「Symphony No​.​1」のアイディアも得ているようです。一方、Lou Reed については、カヴァー曲やリミックスも行っているThe Flowers Of Hellです。Lou ReedとはBBCのラジオ番組で共演し、Lou Reedが様々なことでGreg Jarvisにエールを送ったとのことです。Greg Jarvisに多大なる影響を与えた二人です。このアルバムは故人となってしまった二人に向けたレクイエムだと思う。

soundcloud.com

 

The Flowers Of Hellの10年の歩みを纏めた映像があります。使われている曲は、デビューアルバムからのThe Sunrise Retreat~Opt Outです。ホーンを効果的に使ったサイケデリックなギターサウンドを聴いてみてくさい。今後、彼らがどのように変化していくのか、もの凄く楽しみです。 

www.youtube.com

 

 

Gong / Rejoice! I'm Dead!

f:id:hiroshi-gong:20161009233849j:plain

 

Gong / Rejoice! I'm Dead!

f:id:hiroshi-gong:20160920204248p:plain

Daevid Allen亡き後、彼の意志を受けたメンバー達はGongの存続を決めたのでした。そして、リリースされたアルバムが「Rejoice! I'm Dead!」であります。最初にこのタイトルを見た時に、ぐっとこみ上げて来るものがありました。末息子Ynys Allenの発言でDaevidが亡くなった時は、悲しむのではなく祝福してくれと言っていました。思わずそれを思い出してしまった。まさに、それを引用したのでしょう。Thanks toにはしっかりとYnys Allen名前がクレジットされています。

 

「Rejoice! I'm Dead!」はGong2012年の来日時のメンバーが中心となり、その後2014年リリースの「I See You」にゲスト参加していたKavus Tobabiをメインヴォーカルとして迎えて制作されました。ただ、Orlando Allenは参加していません。しかし、彼は自身のスタジオを提供するなど全面的に協力を行っていたようです。そして、Steve Hillage、Didier Malherbe、Graham Clarkがゲスト参加しています。新生Gongの面々が歴代のメンバーにもしっかりとリスペクトしていることに嬉しさを感じます。

 

アルバムはRadio Gnome Invisible3部作の精神を現代に蘇らせた素晴らしい内容です。Daevid Allenの直接的な参加はないのですが、彼のヴォイスリーディングを曲に絡めるあたりは、やはりウルっと来てしまう。Steve Hillageがゲスト参加した曲「Rejoice」では、70年代の彼のギターワークを彷彿させてくれます。2010年以降Gongに加入したメンバー達が、何がGongに相応しいかを真剣に問うているアルバムであります。黄金期のメンバーはいないけどGongを知っている人なら是非聴いて欲しい。

 

私は最初に通常盤CDを購入したが、慌てて限定エディション2CD+DVD-Aも購入した。ボーナス・ディスクには未発表音源やデモ音源、そしてDaevid Allenのヴォイスが収録されています。LPサイズより少し小さいハードカバー・ブック仕様で写真満載なのが嬉しい。ただ、DVDに関しては、DVDオーディオだと言うことを届いてから気付いたので、自分のDVDプレーヤーでは再生出来ませんでした。いい音質の音源よりも通常のDVDで映像を収録して欲しかったかな(笑)

 

www.youtube.com