読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスカホリックによる音楽夜話

好きな音楽について駄文ではありますが、あれこれ綴って行こうかな。

2013年アルバム・ベスト10

あ今年一回目のブログは、やはり2013年私的ベスト10でしょう。2013年にリリースされた新作の中からジャンルに関係なく、これだと思うものを選んでいます。メインストリームからコアなマニアックなものまで、私の雑多な音楽生活を感じて貰えたなら嬉しいです。

 

 

f:id:hiroshi-gong:20131217212704j:plain

No.1 Bardo Pond / Peace On Venus

 

このBardo PondNo.1に持ってくるあたりは、自分らしさかと思っています(笑)。90年代初期のデビューからフォローし続けている私にとっては、彼らの素晴らしさをバランス良く纏めたアルバムだと思う。

 

ブログより

http://hiroshi-gong.hatenablog.com/entry/2013/12/17/213325

 

Bardo Pond - Kali Yuga Blues - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20140116125639j:plain

No.2 Atoms for Peace / Amok

 

Thom Yorkeのソロ・アルバム「The Eraser」をライブで行う為に結成されたプロジェクト。The Eraser」が2006年リリースだから、Atoms for Peaceとしてアルバムを出すまでにはちょっと時間が掛かっている。でもその分とてつもなく素晴らしいアルバムを完成させたのである。個人的にはRadioheadKid A」以来の衝撃を受けたアルバムである。

 


Atoms for Peace - Before your very eyes - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20131210162115j:plain

No.3 Steven R. Smith / Ulaan Khol Ending/Returning2LP

 

孤高のギタリストというイメージが、このアルバムを聴くと本当に伝わってきます。Henry Rollinsもこのアルバムをベスト10に入れていましたね。

 

ブログより

http://hiroshi-gong.hatenablog.com/entry/2013/12/10/163050

 


Steven R. Smith - Last Town On Earth - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20131109170208j:plain

No.4 Primal Scream / More Light

 

このジャケットでこけたなら身も蓋もないと思っていたが、そんな心配は不用でしたね。風見鶏的にその時々の流行りをさりげなく取り入れて来た彼らである。今回はその様々な要素を纏めたのである。今までのPrimal Screamの集大成とも言うべきアルバムです。ファンなら納得の1枚であります。昨年11月のライブも素晴らしかったですよ。

 


Primal Scream - 2013 - Full Length - Official - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20130311010038j:plain

No.5 Psychic Ills / One Track Mind

 

このサイケアシッド感は、いいだけ使い尽くされた手法だけど、未だに麻薬的な魅力がある。前作同様にロックンロール色を強め退廃的な世界をポップに伝える彼らに脱帽です。すべては、このジャケットが物語っています。

 


Psychic Ills "One More Time" (Official Music Video) - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20140116125920j:plain

No.6 Portugal. the Man / Evil Friends

 

アラスカ出身で現在はポートランドを中心に活動しているPortugal. the Man。何でPortugalなのか、よく分からないが、アラスカの凍てつく寒さを吹き飛ばしてしまうホットなナンバーが満載。フジロックでのライブも素晴らしかった。ジャケットはダサいけど、今後は要注目である。

 


Portugal. The Man - Evil Friends [Official Music Video] - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20140116130051j:plain

No.7 Dead C / Armed Courage

 

ニュージーランドのノイズ・エクスペリメンタル・バンドDead C。毎度のことながらの轟音ギター・ノイズの曲「Armed」と不気味なヴォーカルも入っているエクスペリメンタルな曲「Courage」という2曲でDead Cのやばさを醸し出しています。

 


The Dead C - Courage - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20140116130249j:plain

No.8 Master Musicians of Bukkake / Far West

 

Totem3部作のカルト宗教に侵された閉鎖的なサウンドは、よりオープンに開放され桃源郷を目指した感じになっています。プログレッシブな展開を散りばめスケールアップしたサウンドは、暴力的でありながらも優しく鳴り響く。

 


Master Musicians Of Bukkake "White Mountain Return" From Far West new 2013 - YouTube

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20131026150354j:plain

No.9 Brunhild  Luc Ferrari / Contes Sentimentaux(4CD

 

Luc Ferrariドイツのラジオ局に依頼されて制作されたラジオドラマ作品集です。自身の代表曲を再構築してポエムリーディング、トークセッション、そしてフィールドレコーディングスされた街角の風景音などをコラージュして出来あがった作品。CD化になるまでに20年以上の時間が掛かっている。妻であるBrunhild Ferrariの功績によってやっとリリースされた。

 

ブログより

http://hiroshi-gong.hatenablog.com/entry/2013/10/26/152519

 

サンプル音源はここで聴けます。http://www.soundohm.com/product/Brunhild-FERRARI-Luc-FERRARI-/Contes-Sentimentaux/pid/20397/

 

 

 

f:id:hiroshi-gong:20140116130358j:plain

No.10 Scott & Charlene's Wedding / Any Port in a Storm

 

ローファイでカレージ的なよれよれサウンドを聴かせるオーストラリア出身のCraig Dermody 率いるScott & Charlene's Wedding2枚目。現在はニューヨークを活動拠点としている。PavementThe Velvet Undergroundもどきと揶揄されがちであるが、過去の偉大なるバンドの遺産を引き継ぐのは彼らしかいない!まだまだ、青臭さが残るけどね。

 

 


Scott & Charlene's Wedding - 'Fakin' NYC' - YouTube

 

 

今年は、これ以外にも素晴らしいアルバムが多くあった。選ぶのに苦労したけど、最後はコアでマニアックな作品を入れてしまったかな。因みにベスト10に入れなかったけど、Vampire WeekendSonic Youth活動中止後の各メンバーのバンドやユニットなど非常素晴らしかったです。2013の新作は、非常に充実していた感じです。

 

 

 

 

番外編

f:id:hiroshi-gong:20140116130511j:plain

Garbage & The FlowersEyes Rind As If Beggars」(2CD

ニュージーランドサイケデリック・バンドGarbage & The Flowersのリイシュー盤。1997年にLPでリリースされたいたファースト・アルバムに1992年のデビューシングルなどを追加しての初CD化です。新作では無いので番外編として載せました。

 

ブログより

http://hiroshi-gong.hatenablog.com/entry/2013/07/04/213821